red orange yellow green blue pink

セルフのガソリンスタンド

少しでも節約をして生きていこうという考え方が広まってきた影響は、ガソリンにも及んでいます。昔のガソリンスタンドでは、そこに勤める従業員に給油をしてもらいながら、窓ふきや灰皿のゴミ捨てなどのサービスを受けるというのが一般的でした。しかし、その人件費を削減することでガソリンの価格を下げた、セルフのガソリンスタンドが広まっています。それに伴って、アルバイトの仕事にもセルフかそうでないかということで、大きな違いが生じることになったようです。
いずれも、基本的には接客業であるということにかわりはないものの、その接客サービスのあり方に大きな違いがあります。セルフではない場合、基本的には最大限のサービスを提供しながら、できるだけ多くのサービスを受けてもらおうと営業活動をするというのが基本です。窓ふきやゴミ捨てもその一環であり、少しでもお客さんに快適に感じてもらい、リピーターとなってもらうことが重要となります。また、洗車などの他のサービスがあることを積極的に宣伝して利用してもらうことも、アルバイトの役割となっているのです。
一方、セルフの場合は給油も洗車も、お客さんが勝手に行っうことになります。そのため、アルバイトの仕事はそういったサービス提供ではなく、お客さんが困った際にトラブル解決を行うというのが基本です。機械の使い方や給油の仕方がわからないという人も多く、そういった人たちに親切に教えることがセルフのガソリンスタンドでの仕事となっています。